FPとか宅建は色々役に立つようです

よく通信講座とかで「オススメの資格ランキング!」とか見るのですが、例えば公認会計士や税理士、弁護士、司法書士など、そう言った難易度が非常に高い資格を除いて、誰でも現実的に取れそうな資格の中で、ランキング上位に来るのがFP、ファィナンシャルプランナーと宅建、宅地建物取引主任者この2つです。

FPは、金融機関、銀行や証券会社に勤める人なら誰もが持っていて損はない資格ですし、 能力のある人なら、独立開業もできます。そうでなくても、色々なマネーに関する知識は 日常生活でとても役に立ちます。

宅建は、不動産業界で働く人には、あった方が断然いい資格です。合格率は低めですが、 民法とかをかじったことのある人なら、かなり楽に受かります。ウチの義理の姉は 大学が法学部でしたが、卒業後、一週間くらいの勉強で取りました。

後は、日商簿記ですかね。これは、事務で働こうと思う人なら、持っていて間違いないです。 同様に、エクセルワードの資格も、間違いないです。